頸椎捻挫で後遺障害等級14級を認定(兼業主婦)、保険会社提示額80万円を270万円に増額した事例

被害者:30代女性

職業:兼業主婦

1依頼経緯

被害者が同乗していた車が、玉突き事故により追突され、被害者は頸椎捻挫の傷害を負いました。被害者は、首の痛みが強かったため治療を続けていましたが、保険会社に治療費の支払い打ち切りを告げられ、今後の方針について相談するために当事務所にご来所されました。

2依頼後の経過

診療記録を調査して治療のサポートを行い、後遺障害等級14級を獲得した後に、保険会社との交渉を行いました。当初の保険会社の提示額は約80万円でした。しかし、保険会社に対し、家事への支障が生じたことへの損害賠償と、通院の苦しさや後遺障害が残ったことへの慰謝料の支払いを求め、約270万円での和解が成立しました。

pagetop