腰椎圧迫骨折で後遺障害8級を認定された学生が、裁判により約4600万円の支払を受けた事例

被害者:10代男性

職業:学生

1依頼経緯

依頼者が自転車で走行中に、交差点で自動車に衝突され、依頼者は腰椎圧迫骨折の傷害を負いました。依頼者は、事故後、治療中の段階で、当事務所にご来所されました。

2依頼後の経過

症状固定後、後遺障害の等級申請を行い、11級が認定されましたが、さらに異議申し立てを行い、その結果後遺障害等級8級を獲得しました。さらに、加害者が事故態様について争い、責任を否認したので、裁判で事故の責任及び依頼者の損害額について主張立証を行いました。その結果、勝訴判決を得て、損害賠償金約4600万円の支払を受けることができました。

pagetop