後遺障害の種類

後遺障害が生じてしまった場合、適正な賠償を得るためには、後遺障害の種類を把握する必要があります。特に重度の後遺障害の場合においては、等級認定によって賠償金額が大きく異なります。

交通事故が原因で怪我をし、治療を続けていたがそれ以上の改善が見込めない場合、症状固定と判断されます。そして、症状固定時に一定の症状が残っている場合を後遺障害(後遺症)と呼びます。

後遺障害の等級認定は、医師の後遺障害診断書等の書面の記載内容に基づいて行われることが通常です。そのため、適正な等級認定を受けるためには、診断書等の内容を検討する専門的知識や経験が必要となります。
当事務所では、事故直後から後遺障害の等級認定に向けたサポートを行っております。

pagetop