交通事故の問題解決の流れ

交通事故案件は、事故直後からきちんとした対応をすることが重要です。しかし、交通事故の被害者の方が、交通事故に遭った時の対処方法についてご存知ではないこともあります。そのままでは、適正な救済を得られないままということになりかねません。

そこで、事故発生から問題解決に至るまでの流れと、事故後の基本的な対応方法を説明します。

1交通事故発生 ~まずは警察に通報する、相手と示談はしない~

交通事故に遭ったら、まずは警察へ通報してください。交通事故に遭ったことを証明する『交通事故証明書』は、警察に通報しなければ発行されません。交通事故証明書には、相手の住所・氏名や自賠責保険に関する情報が記載されており、交渉の際の貴重な資料となります。

相手が交通事故を起こしたことを大きな問題にしたくないと、警察には連絡をせずに「内々で示談して終わらせましょう」などと持ちかけてきた場合、はっきりと断って下さい。事故直後の段階では、事故が交通事故被害者の身体や生活にどれだけの影響を与えることになるのか、まったく不明です。示談をするにしても、それは交通事故の影響を落ち着いて整理した後の話です。

2事故状況の確認と記録 ~事故直後の対応、証拠の確保が明暗を分ける~

交通事故の直後には、まずは当事者の連絡先、証人の確保を試み、現場の状況を撮影します。そして、弁護士に連絡し、今後の対応について相談してください。

事故に遭ってしまったら、まず、交通事故の加害者に免許証を見せてもらい、『氏名・住所・連絡先』を明らかにしましょう。名刺があれば受け取ります。『車のナンバー』を確認することも忘れないでください。後日、車の所有者に対しても賠償請求ができる可能性があるからです。目撃者がいる場合は、その目撃者にも氏名・住所・連絡先を確認し、事故の証人になってもらえるようにお願いしておきます。

また、事故現場の状況を撮影します。自動車の全体の様子と損傷した部分を分けて撮ります。スリップ痕もあれば写真に撮ります。スリップ痕や事故直後の車両の位置、車両の損壊の状況などの写真は、後の交渉や裁判での証拠となります。加害者側と被害者側の言い分に食い違いのある場合、客観的な証拠の有無が判断に大きな影響を与えますので、大事に保存します。

事故直後、上記の対応をした後は、弁護士に相談し、自分の対応に漏れがないか確認してください。当事務所では、対応に漏れがあれば指摘し、今後の通院や保険会社との対応についてアドバイスを行います。被害に遭った方にとって、もっとも大事なことは、きちんと治療を受け、一日でも早い社会復帰をすることです。ただ、残念ながら、治療を尽くしたものの後遺障害が残ってしまうこともあります。当事務所では後遺障害が発生してしまう可能性も考え、交通事故に遭った直後からその後の等級認定を念頭においたサポートを実施しています。

3病院での治療 ~通院時の対応は適正ですか?~

交通事故に遭ったことで怪我をした場合は、必ず病院に行ってください。また、通院が必要な場合には必ず通院して下さい。怪我の治療のために仕事を休む場合には、休業損害を請求できます。その際、通院で必要となる交通費、治療費などの領収書はすべて保管します。

担当の医師に対しては、自分の症状や痛みについて十分な説明をしてください。
適切な治療を受け、きちんとその結果を記録に残してもらうことが重要です。

4治療費・休業損害の打ち切り ~保険会社から突然治療費の打ち切りを告げられていませんか?~

怪我が完治しておらず、医師もまだ通院が必要と判断している状態であるのに、保険会社から一方的に治療費・休業損害の打ち切りを告げられることがあります。

適切な治療を受けるという観点からは、非常に重要な場面となるため、その後の具体的な対応をすぐに弁護士ご相談ください。

5症状固定 ~後遺障害に詳しい病院に通院しましょう!~
(参考記事:後遺障害認定サポート

交通事故で負った怪我は、治療をしてもそれ以上の改善が見込めない状態になってしまう事があります。この治療を行っても症状の改善が見られなくなった状態を、「症状固定」と呼びます。

症状固定の診断がされたら、後遺障害の等級認定を受け、後遺障害の等級に応じた賠償金を受けることが大切です。当事務所では、適正な等級認定獲得のサポートを実施しています。

6保険会社からの示談案の提示
~示談する前に弁護士に相談!~
(参考記事:賠償金を決める3つの基準

交通事故被害者の方からは、「保険会社から示談が提示されたけれど内容があまり分からない…」、「保険会社からの提示金額に納得ができない…」というご相談を受けます。
当事務所では、相談者の方の状況から適正な金額を算出し、保険会社との示談交渉を行っております。

7示談交渉・訴訟 ~適正な賠償金獲得のために全力でサポート!~

示談交渉では弁護士があなたの代理人として適正な解決のための交渉を行います。しかし、弁護士が示談交渉をした場合でも、保険会社から納得ができる提案が行われない場合もあります。この場合にはより適正な賠償金を獲得していくために訴訟や交通事故紛争処理センターの行うあっせん手続きを利用するなどし、紛争の解決を目指します。

このページでは、交通事故問題はどのように解決させていくのか、また、弁護士が交通事故問題の解決でどのようなことを行うのかご説明しました。ご不明な点がございましたら、当事務所までお気軽にお問合せ下さい。

pagetop